なぜ動画での研修が必要か

TANRENサービスにはEdTechの要素をふんだんに盛り込むことで、
学習定着率を大幅に向上させる仕組みが隠されています。

こんなことありませんか?

TANRENは今までになかった動画を主体とした研修システムです。
現場で起こりえる様々な課題や問題の解決をいたします。

イメージ:基礎ばかりの研修

基礎ばかりで現場で活きない

全体での研修などは導入するものの、 全体のレベルに合わせた研修なため、 基礎研修が中心となってしまう。

イメージ:基礎ばかりの研修

どうしても能力に差が生まれる

個人の成長は自己学習によって生まれる ものとなり、どうしても学習する人、 学習しない人に分かれてしまう。

イメージ:基礎ばかりの研修

最初だけで長続きしない

導入時は面白がって皆利用を行うが、 企業の中に定着化せず、 最終的には誰も使わなくなってしまう。

反転学習で応用力を伸ばす

反転学習とは、昨今、教育業界でトレンド化してるキーワードです。
基礎学習の部分はデジタル化し、応用研修を個々の能力に合わせて行う事が出来ます。

これまで、企業の研修と言えば大きな会議室や会場に集めて、
全体のレベルに合った研修を行うのが一般的でした。
しかし、昨今のデジタル化によりこれらの基礎学習の部分は、
個別に行う事が容易となり、教育業界では主流となりつつあります。
TANRENでも、この反転学習の考え方を取り入れ、
基礎学習の時間を少しでも減らして頂く事で、
現場での応用研修への取り組み時間を有意義に使って頂けるよう、
仕組みづくりを行っております。

アダプティブラーニングで個々の能力向上

アダプティブラーニングは、一人一人に合った学習コンテンツの最適化を
行うことでの、能力をバランス良くあげる仕組みのことを指します。

TANRENでは自社スタッフのスキルを横断的に見ることが簡単にできます。
個別のスキルを可視化することで、将来的にどのようなスキルを習得し、 どのようなプログラムで取り組めば良いかが見えてきます。
また、基礎学習は自前で行うにしても、応用を伴う商材の理解や未知なるスキルの習得には専門家の力が必要になります。
今後、浮き彫りになった課題を元に、様々な専門家とタッグを組むことで、他にはないスキル習得を行うことが可能となってくる予定です。

アクティブラーニングで続く仕組みを

アクティブラーニングとは名の通り、自らが能動的にアクセスを行い、
積極的に学習を行う仕組みのことを指します。

「言われたらやるけど・・・」「教育は面倒だ・・・」とマインドセットの根本が受け身体質であればどんなシステムを導入しても長続きはしません。
そこで、TANRENではゲーミフィケーションの考え方を取り入れ、スタッフの方々が積極的にアクセスし、利用出来る仕組みを構築しております。
例えば、ランキング機能では、あまり横の繋がりが弱い企業であっても、 ランクインすれば、その動画を閲覧することが出来ます。
また、ソーシャル要素を取り入れる事でスタッフ同士の結びつきを濃くし、 モチベーションを保つきっかけになります。

#EdTech ワンソリューションを実現

TANRENは最新の教育論法に習い、
構造そのものが#EdTech ワンソリューションとして完成されてる仕組みを実現しました。

イメージ:いつでもどこでも管理ができる

強み弱みを把握し「幹」の部分を強化

イメージ:データ分析で弱点を解析

「枝葉」となるトークやスキルを充実化

イメージ:空き時間で残業代も軽減

自らの「根」を張り定着化