catch-img

セールステック業界の進化と「生成AI」の役割 vol.7

このブログでわかること

このブログでは、セールス業界で10年以上のキャリアを持つTANRENスタッフによって、AIやChatGPTをビジネスに応用するための基礎知識を分かりやすく解説!

今、AIやChatGPTのノウハウが溢れています。
しかしビジネスに導入していくには、基本的な知識を持って進めていく必要があります。

  • セールステックAIの最新の情報
  • AIをビジネスに活用するときの基本的な知識
  • 具体的にどう社内に導入していくのかという実践的なステップ

最新トレンドを見逃さず、セールス業界で一歩リードしましょう!

目次[非表示]

  1. 1.このブログでわかること
  2. 2.セールステック業界の現状
    1. 2.1.主要なプレーヤーとテクノロジー
    2. 2.2.業界の課題とチャンス
    3. 2.3.AIが変える営業戦略とは?
  3. 3.生成AIを活用したセールス戦略
    1. 3.1.生成AIによる営業トークの採点
    2. 3.2.AIを用いた効果的なコミュニケーション戦略
    3. 3.3.生成AIを用いた営業トークの最適化
  4. 4.成功事例とベストプラクティス
    1. 4.1.生成AIを利用した事例
    2. 4.2.生成AI導入のポイント
    3. 4.3.成功事例の紹介
  5. 5.「TANREN」と生成AI(ジェネレーティブAI)の融合による新しいセールス戦略

近年、セールスの現場は常に進化を続けています。

しかし、最近の技術的な進歩はこれまでのものとは異なる、革命的な変化をもたらしています。その中心にあるのが「生成AI」。

今回はこの技術がセールステック業界に革命をもたらす可能性を掘り下げていきます。一緒に、未来の営業戦略の形を見据えましょう。

セールステック業界の現状

セールステック業界はデジタルトランスフォーメーションの波に乗り、多くの変革を経験しています。

※そもそも、セールステックって?
営業活動を助け、最適化し、自動化するための技術やツールのこと。この技術は、リードの獲得から顧客との関係の構築、取引のクロージング、そしてアフターセールスまでの一連のセールスプロセス全体をカバーするものが多い。

なるほど!では進めていきましょう!

主要なプレーヤーとテクノロジー

近年のセールステック業界はCRMツールやセールスの自動化ツール、そしてアナリティクスの進化により、ビジネスの速度と効率を大きく上げてきました。これらのツールやプラットフォームは、企業がより洗練された営業戦略を構築し、クライアントとの関係を強化する手助けをしています。
例えば、Salesforceは、世界で最も有名なCRMソフトウェアで、営業、マーケティング、サービスなどの多岐にわたる機能を提供しており、日本では、Sansanが名刺管理サービス「Eight」やB2B向けの名刺管理ツール「Sansan」を提供。これらのツールは、名刺情報をデジタル化して、CRMや他のツールとの連携をスムーズにしています。

業界の課題とチャンス

しかし、これらの進化の中で、業界は新たな課題に直面しています。顧客のニーズの変化、競争の激化、そしてテクノロジーの進歩のスピードに追いつくことの難しさ。一方で、これらの課題は新しいチャンスへの扉とも言えます。特に、データを活用してのパーソナライズされたアプローチや、リアルタイムでの情報提供が求められ、下記のような場面で生成AIは大きな機会となっています。

コンテンツのカスタマイズ:
 顧客の過去の購入履歴や閲覧履歴に基づいて、生成AIを使用してパーソナライズされた商品の推薦やコンテンツを生成

リアルタイムのカスタマーサポート:
 顧客からの質問やフィードバックに対して、生成AIを使用してリアルタイムで返答。
これにより、カスタマーサポートの効率を向上させることができる。

マーケティングキャンペーンの最適化::
顧客の反応に基づいて、生成AIを使用してマーケティングメッセージや広告を最適化することができる。

ニュースや情報のリアルタイム生成:
現在のトピックやトレンドに基づいて、生成AIを使用してニュースや情報をリアルタイムで生成。

教育・トレーニング:
個々の学習者のニーズや進捗に合わせて、生成AIを使用してカスタマイズされた教材や問題を生成。

エンターテインメント:
生成AIを使用して、ユーザーの好みや興味に合わせて音楽、物語、ゲームなどのエンターテインメントコンテンツを生成。

ビジネスインテリジェンス:
 企業のデータを解析し、生成AIを使用してリアルタイムでのインサイトやレポートを生成。

これらの手法は、生成AIの進化とともにさらに多様化し、深化していくことが期待されます。

AIが変える営業戦略とは?

生成AIの登場により、営業戦略は大きく変わりつつあります。これは、先程、生成AIの大きな機会として述べたように、顧客のニーズや興味をリアルタイムで捉え、適切なアプローチを自動的に生成する能力を持つためです。例えば、過去の取引履歴や顧客の行動データを基に、最も効果的な営業トークやプレゼンテーションをAIが生成することが可能となります。これにより、営業担当者は、個々の顧客に対して、より具体的で効果的な提案を行うことができ、クロージングの確率を上げることが期待されます。

生成AIを活用したセールス戦略

生成AIの力をフルに活用すれば、セールスのアプローチは劇的に変わります。それでは、具体的にどのような戦略が考えられるのでしょうか。

生成AIによる営業トークの採点

営業トークの質は、取引の成功を左右します。生成AIを使用することで、実際の営業トークを解析し、それに基づいて採点やフィードバックを行うことが可能です。これにより、営業担当者は自分の弱点を瞬時に知り、改善の方向性を見つけることができます。

AIを用いた効果的なコミュニケーション戦略

顧客とのコミュニケーションは、関係構築の鍵となります。生成AIは、顧客の過去の行動や好み、さらには感情までを分析し、それに合わせたメッセージを生成します。これにより、パーソナライズされたコミュニケーションが可能となり、顧客のエンゲージメントを高めることが期待できます。

生成AIを用いた営業トークの最適化

営業活動は、効果的なコミュニケーションが鍵となります。特に営業トークは、顧客の関心を引きつけ、商品やサービスの価値を伝えるための最前線となります。生成AIを用いることで、この営業トークをより効果的、効率的に最適化することができるのです。

●営業トークのカスタマイズ
 生成AIは顧客の情報を基に、最適な営業フレーズを提案。
 画一化されたアプローチよりもパーソナライズされた商談が可能です。

●リアルタイムフィードバック:
 営業中の顧客の反応を分析し、その場で最適なフレーズや進め方をアドバイス。

●営業トークの学習
 生成AIは、営業トークの成功事例や失敗事例を常に学習します。これにより、繰り返しの中で営業トークの質を向上させることが可能です。また、新人の営業担当者でも、短期間で高品質な営業トークを行うことが可能となります。

生成AIの活用は、営業トークの質向上と信頼関係の構築に寄与します。この技術の導入で、ビジネスの効果が増大します。

成功事例とベストプラクティス

多くの企業が生成AIを導入し、成果を上げはじめています。ここでは、その事例とともに、生成AIを導入する際の注意点について考察していきます。

生成AIを利用した事例

ある企業では、生成AIを導入する前は月平均の成約率が10%でしたが、導入後には20%へと倍増しました。この背景には、生成AIが提供する顧客データの深い分析と、それに基づく効果的な営業トークの生成があります。

生成AI導入のポイント

成功の鍵は、生成AIをただのツールとしてではなく、営業チームの一員として受け入れることです。実際のデータを基にしたフィードバックや提案を真摯に受け止め、それを実務に活かすことで、最大の効果を引き出すことができます。

成功事例の紹介

日本生命は日立製作所のAI「Hitachi AI Technology/H(AT/H)」を使って、ビッグデータからの成約率向上と相関性の高いアドバイスの自動生成を実現しました。職員が営業の際に使用する携帯端末に、適切な提案活動を行うためのメッセージ配信をする「訪問準備システム」を搭載しています。

また、ある企業では、生成AIを使用して営業メールの内容を最適化したところ、開封率が50%向上しました。これにより、さらなる商談の機会が増加し、企業の売上も大幅に伸びる結果となりました。

生成AIは、今やセールステック業界において無視できない存在となっています。その力を最大限に活用し、次なる成果を目指しましょう。

「TANREN」と生成AI(ジェネレーティブAI)の融合による新しいセールス戦略

本記事を通じて、セールステック業界での生成AIの役割とその具体的な活用方法について理解していただけたと思います。その中でも特に注目すべきは、「TANREN」という営業育成プラットフォームと、生成AIの組み合わせによる効果です。

TANRENは、セールスパーソンや接客スタッフのロールプレイングを中心とした育成を支援するツールであり、その機能を最大限に活かすための一つの手段として生成AIとの連携が考えられます。

  1. 生成AIによるロールプレイングシナリオの最適化
    TANRENで提供されるロールプレイングのシナリオ作成の際に、生成AIを利用することで、より現場に即した、効果的なシナリオを自動生成することができます。これにより、時間をかけてシナリオを考えることなく、常に新鮮で効果的な練習を提供することが可能になります。

  2. ロールプレイングの分析と適切なフィードバック
    生成AIを活用して、セールスパーソンや接客スタッフからのロールプレイングの反応や結果を分析し、個別のフィードバックを提供することも可能です。これにより、マネージャーの負担を軽減しつつ、セールスパーソンや接客スタッフの成長を加速させることが期待できます。

  3. 成果の可視化と最適化
    TANRENと生成AIを組み合わせることで、継続的なロールプレイングの効果や、セールスパーソン/接客スタッフの成長をデータベースで可視化することが可能となります。これにより、何が効果的で何が効果的でないかを明確にし、さらなる戦略の最適化を行うことができます。

最後に、生成AIは単なるツールではありません。それは、TANRENという優れた営業育成プラットフォームを更に強力にし、営業の現場での成果を高めるための強力なパートナーです。セールスの現場での課題に直面しているなら、この二つの組み合わせを検討してみる価値は大いにあります。


  TANREN CHAT Powerd by OpenAI新登場 TANRENがChat GPTを搭載し、新たな可能性を引き出すプラットフォームへと進化。 AIと共に新たな働き方を提案し一緒に未来を創造していきます。 TANREN株式会社


人気記事ランキング

セミナー情報

カテゴリ一覧

ページトップへ戻る