catch-img

TANREN主催セミナー解説:AI時代の人材育成【特別ゲスト: GPT4パイセン】[OpenAI/GPT-4]

AI技術が急速に進化し、私たちの働き方やスキルセットに大きな変化をもたらしています。

そんな中「営業パーソンや企業が次世代の人材育成にどのように取り組むべきか」、この重要なテーマを解説するスペシャルなオンラインセミナーが開催されました!

目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.対談相手にもとめるもの
    1. 2.1.専門知識:
    2. 2.2.コミュニケーションスキル:
    3. 2.3.エンゲージメント:
    4. 2.4.柔軟性:
    5. 2.5.誠実さ:
  3. 3.驚愕の制作フロー
    1. 3.1.この制作の裏側完全版は、まずは当社のお客様に先行してノウハウ提供させていただきます!お楽しみに♪コンテンツ提供
    2. 3.2.いや、即座に勉強会してほしい!という新規のお客様は
  4. 4.原文証明


テーマ: 「AI時代の人材育成 セミナー」〜ITリテラシーを乗り越えて、イノベーションを実現する方法〜

ご視聴者層: 法人営業パーソン、30代〜40代

目的:ChatGPTや、MidJourneyなどの生成系AIを活用できる人材になること


はじめに

ご視聴頂けましたでしょうか?

本セミナーを企画、モデレーターをしました、TANREN佐藤です。

とんでもない時代になりました。


今回の動画はAIが90%作ったと言っても過言じゃない作品です

どういう事か?

皆様は動画/セミナー等のコンテンツの企画をする際はなにからはいりますか?

企画会議からですよね?


2023-03-16の[GPT4]との対話履歴です。

ここから延々と会話し続ける事、1時間。

なんと、一回も破綻する事なく、セミナーのロープレ?実演をやりきってしまいました。

そして、その会話ログをみながら気づいてしまいました。

これはもう、対談練習相手ではなく、対談相手としていいレベルではないか・・・?


対談相手にもとめるもの

セミナーの対談相手に求められることは以下の通りです。

専門知識:

セミナーのテーマに関連する知識や経験を持っていることが望ましいです。これにより、対談相手は的確な情報や洞察を提供でき、参加者に価値ある情報を伝えることができます。

コミュニケーションスキル:

対談相手は、明確で簡潔なコミュニケーションができることが重要です。また、リスニングスキルも重要であり、相手の意見や質問に対して適切に反応し、双方向のコミュニケーションをサポートします。

エンゲージメント:

対談相手は、参加者を引き込む魅力的な話術やエネルギーを持っていることが望ましいです。これにより、セミナーは活気に満ち、参加者が興味を持ち続けることができます。

柔軟性:

対談相手は、進行中の議論や質問に適切に対応するために、柔軟性が求められます。また、状況に応じて議論の方向性を変えたり、新しいトピックに移行する能力も重要です。

誠実さ:

対談相手は、自分の意見や知識を正直かつ誠実に伝えることが重要です。信頼性や透明性を維持することで、参加者との信頼関係を築くことができます。

これらの要素を兼ね備えた対談相手は、セミナーの成功に大きく貢献し、参加者にとって有益で刺激的な経験を提供できます。

さて、再度動画をご覧いただきたいのですがどうでしょうか?

驚愕と記したのは、専門性も、言葉の相互性(コミュニケーションスキル)も、聴衆を引き込むひとネタ小ネタも(エンゲージメント)

モデレーターからの投げかけに対する柔軟性も、誠実さも、全部完成しておりませんか?

すなわち、AIが練習相手どころか、本番の相手としてなりたってしまったと言えます。

しかも

モデレーターの私の体力が持てば、延々にです。

とんでもない時代が到来してしまったと思います。


驚愕の制作フロー


この制作の裏側完全版は、まずは当社のお客様に先行してノウハウ提供させていただきます!お楽しみに♪
コンテンツ提供

  コンテンツ提供 社内で動画づくりを進めるのに、だれでも・かんたんに・無料ツールでの動画づくりができるノウハウを無償提供します。 TANREN株式会社



いや、即座に勉強会してほしい!という新規のお客様は

2Days研修

  TANREN for Output [機能詳細] TANREN機能詳細を紹介します。TANRENは、商談・接客におけるノウハウの可視化と評価指標の体系化をサポートする学習プラットフォームです。クラウドシステムにより商談・接客のノウハウを動画で共有・学習でき、経験豊富なコンサルタントが貴社の営業利益の最大化に貢献します。 TANREN株式会社



全部、AIで作業したのです。

企画から素材制作の全てと言っていいでしょう。

①台本生成

②画像生成

③音声合成

④字幕

⑤キャラ合成

⑥俳優撮影※

⑦BGM制作

⑧素材合成

ALL AI作業です!

 ※1箇所NoAIでした。


原文証明

証明として原文をそのまま貼っておきましょう。

この後にスクショを貼っておきますが、動画と原稿イメージのスクショを是非確認ください。

恐るべき精度、驚愕する対話能力です。

そして生成系AIの為せるメタ情報により、高画質な画像生成、雰囲気を感じとる演出効果

すべて台本があり、設定書があり、私(著者/モデレーター佐藤)は、いわれた通りのままみ上げていったまでです。

実に一人で3日で完成しました!


3/16(木) → 台本制作・実験スタート★Day1

3/17(金) → 動画制作開始・初期版完了★Day2

3/18(土) → 休暇(他のGPT勉強)

3/19(日) → 休暇(他のGPT勉強)

3/20(月)→ 細部調整・最終版アップ★Day3

3/21(火)→ LPや記事など、その他クリエイティブ作成(←いまここ)


どの動画制作と比べても神速と言える速さです。

これからの

・Eラーニング動画

・特定領域へのウェビナー

そういった動画コンテンツは、[AIとの対談]コンテンツというのが、本当に可能性として感じます。

皆様はどう思われましたか?


ChatGPTとの対話ログ、原文そのまま掲載します↓



いかがでしょうか?嘘偽りなく(GPTの対話内容は編集不可)

なので、このスクショで精度99%という件は証明できるのではないでしょうか?

これを観て人生観が変わるほどの衝撃をうけました。


最初はモデレータの練習相手のつもりが、普通に勉強になりましたし

今では、あらゆる産業の重鎮を演じてもらって、繰り返しディベートをしてます。

ぜひ皆様も独自のChatGPT活用法を編み出しててみください!

では、また次のテーマでお会いしましょう!










TANREN株式会社 CEO 佐藤勝彦
TANREN株式会社 CEO 佐藤勝彦
携帯販売業界で、セールス指導の講師として約20年間経験をもつ。2014年10月TANREN株式会社で起業、シード期に米国Microsoft社よりベンチャー支援プログラムBizsparkPlus認定を受け、2016年には日本e-Learning大賞 で経済産業大臣賞など受賞、営業教育専門のクラウド企業である。また卓越したプレゼンスキルは、IT系スタートアップからも定評あり複数社よりエバンジェリスト認定を受け社外広報活動を引き受けている

人気記事ランキング

セミナー情報

カテゴリ一覧

ページトップへ戻る